燃えよ本願寺(ひとり反省会)

先ずはお聴きください。

反省点、というと「音楽に正解はない」とも反論できそうですが今回の「燃えよ!本願寺」に関しては歴史もあるのでなかなか正解は出ないところ。

故に作者としての歌詞の反省点です。

法然上人・・・上人で良かったのか。
八代蓮如・・・本来なら八世蓮如なのだけど響きだけで八代蓮如にしてよかったのか
弱きを救うため・・・弱くなくたって救うのでこの表現はどうか

解りにくいかなという点

夕陽に叫べよ俺の名を・・・西方浄土に向かって俺(阿弥陀仏)の名を叫べ(念仏せよ)
俺の切なる本願を・・・阿弥陀仏の誓願の17くらいから19番目くらいの誓願
お前の声で・・・口からの声だけでなく、想いも、ジェスチャーも含んでお前の声で


作者以外にとってはどうでもいいけど引っかかるところ!!


https://hasunoha.jp/

ここに相談しちゃおうかと思ったり。
(するぞ。本当にするぞ!?)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
▲クリックでやる気出ます▲

人間であるという事

どっか知らない場所の知らないおじさんが亡くなったというニュース。それを見て抱く自分にとっての「おじさんの存在の重さ」と、自分にとっての「うちの犬の存在の重さ」と、どっちが重いだろうか。

正直に言えば、僕にとっては後者が重い。

多分みんなそうなんじゃないかって思う。
なんでなんだろうねって考えたんだけど、多分鍵は「擬人化」にあるんだと思う。

ペットを飼っている人なら解ると思うんだけど、ペットって飼い主の中でかなり「擬人化」されてると思うんだ。

新宿駅南口の混雑を見てみると、ただ雑然と沢山のヒトの移動が行われていて「邪魔だなぁ」と思う。イライラしたりする。
でももしその沢山のヒトが全員知り合いだったらイライラも、知らないヒトの群れよりも小さくて済むんじゃないかと思うんだ。

僕が言いたいのはつまり「ヒトは擬人化されて初めて人間になる」という事。

ペットも擬人化されて家族になるわけだ。それと同じ。
擬人化される前はただの動物でしかないんだよね。
貴方の中で擬人化しなければ、あのヒトも、僕も、貴方にとってただのヒトっていう動物でしかないんだよね。
僕から見てもやっぱり同じ。

まぁそういう事でさ、悪く言うと「そんなもんだ」。良く言うと「擬人化する能力を持つ人間スバラシイ」って感じ。

そういうもんだっ!

にほんブログ村 にほんブログ村へ


▲クリックでやる気出ます▲

必殺技の話。

プロレスに例えると、スピーディでトリッキーな動きで相手を翻弄するタイガーマスクがウエスタン・ラリアットをやったとする。
これ、インパクトないよね。繋ぎ技に過ぎないのがみんな解かってるから。

一方で、イングヴェイ・マルムスティーンがチョーキングをしてもインパクトないよね。
見せ場が速弾きなのをみんな解かってるから。

んで、スタン・ハンセンがウエスタン・ラリアット出すと「うおーすげー必殺技!」って言うくらいのインパクトがあるし、 Orianthi がいいチョーキングを一発かましたら「おおっ、このねーちゃんは!!」ってなる。
ハンセンも Orianthi もきょーれつなものを出してくるんだけど、それとは別に「それが凄い」「ここが見せ場」って事を見てる側が解ってるからだろうと思うんだよね。

音楽の「方向性」もそうで、いろんな事をやっていいと思うんだけど ここぞ って時に使うスタイルっていうか曲の雰囲気っていうのを大事にした方がいいかなって思うんだよね。

▼僕で言うと、夏が近くなるとこういう曲が書きたくなる▼

僕はまだまだ素人に毛が生えた感じなんだけど(でも自信だけはある:笑)「夏が来たらこんな曲」「冬が来たらこんな曲」っていう風に季節によって書き分けていきたいなってそう思ったりしてる。や、思わなくてもそうなっちゃうんだけどね。

つまりさ、ちょっとした事でも大事にしてれば見てる人は大事なんだって解ってくれるし、それが自分のキャラを作って行ってくれると思うよ、って話。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
▲クリックでやる気出ます▲

正直に媚びたり比較したり宣伝したりでいいんじゃない?

 音楽は「自分の為にやってる」わけです。
そういう思いが強い人でも、だからといって「媚びない」「宣伝しない」「比較もしない」と声に出して言うのはどうか、と思うんです。
「自分の為に」と発語した段階で「自分」の定義をしなければならず、さらに「はて自分とは」となった時に他者の存在が確実に必要になるわけです。
「独りでは生きられない」という言葉にはネットワーク的なものだけではなく、自分を保つために他者が必要だという側面もあるでしょう。
 だから音楽をやるにも他者がいないと成立しないわけです。

「媚びてみる」「宣伝してみる」「比較してみる」という行いは「他者にコミットする」という点で普遍的なものです。
確かに「媚びる」「比較する」をやってしまうとモチベーションを保てなくなることもあります。
が、しかしそれを乗り越えられないといけないと思うのです。
音楽でなくても、何気ない日常でも同じ事やってるんですから、それ乗り越えられないならやめちまえ、と個人的には思うのです。
音楽は、いや、ほとんどの行いはコミュニケーションです。
(後で誰かが見るだろう。という予想も含んで)
その事を考えずに「自分の為にやっている」と虚勢を張った所で何にもならないのです。でしょ?

人間とその行動は他者に依存しているからこそ成立するし、多くの他者に依存したがるのは自然な事です。故に「ファンをいっぱい作りたいな」という思いは根源的なもので「媚びる」「宣伝する」「比較する(差別化も含めて)」は当たり前の事なのです。
ですから、虚勢を張って自らが正しいと言い張るのも馬鹿馬鹿しい話で、正直に生きた方がいいんじゃないですかね、というお話でした。

とは言え、わたしのように好奇心でTuneCoreとか有料宣伝サービスに手を出しちゃうといろいろ面倒くさいわけですが(笑)

メロディの限界?

論理的に言えば音階と長さの組み合わせには限界があるはずなんだから、音楽自体が枯渇するはずだよね。
でもそうならない。
理由は歌詞にあると思うのだ~。
あのね、 例えばツェッペリンのStairway to Heavenを例に出すとね、ヘヴンとうどんとは3文字であってて「ん」が同じ。
だから例えば替え歌としてはまると思ったらおお間違いなんだよね。
母音の響きで同じキー、同じ音階の並びをしていてもメロディー変わっちゃうんだと思うよ。
だから基本的にメロディーは枯渇しないのよ。

多分だよ。ベイビー。

拳をあげるところは

いろいろ曲作ってると、やっぱりライブ映えを考えないといけない「場合」があると思うんですよね。最近のわたしの曲で言うと「Domine , Domine」と一緒に叫べそうなところを作ったり「Carry on !」ってキメ作ったり(急逝したアンドレ・マトスを意識したっていうのもあります)いろいろやってみてます。

これってなんていうんでしょうね。「みんなで歌える」っていうのはなかなかプリミティブな感じがありまして、賛美歌、国歌、軍歌結束を求めるものに使われますね。
場合によってはカルト宗教なんかでも洗脳に使われますね。

で、結束をそもそも大勢が求めてないものに関して、そういう合唱前提フレーズを入れるとしらけちゃって大変な事になります。
というわけで例を出しちゃいます。本川先生ほんとすみません。

結束を求めてない場では「えーっ」ってなる例です。

や、内容は覚えられるし、巧いつくりをしてるんですけど歌う側に立ってみろっていうね・・・。

まあとにかく、こういう技術を使うのはケースを選ばなければならないのです。あと、円柱形なんですよ!!

エンチュウケイ!!
(なんだこの〆は。)

近所のお坊さんのせい?

あのですねー。
わたしが必死に曲を作るとですねー、妙に仏教っぽくなるんです。
多分、幼い時を過ごした家の近所にお寺があって、よくイタズラして遊んでいたのと、幼少期からヘヴィメタルを聴いていたのとが、セットで原因になってるんじゃないかとか、そんな風に思ってます。

で。この曲をまず聴いてみてください。
中国は内蒙古自治区出身のHanggaiというバンドが、なんか知らんけどコンテスト番組かなんかに出た時の演奏、映像です。まずは聴いて頂きつつ、後ろの電光掲示板に出ている北京語の訳をなんとなく読んでください。
わっかんないけど、何となくわかります。

はい。
「おーっ」っとなって頂けましたでしょうか。「輪廻」という曲で文字通り「いつも同じ日常に見えるけど、みんな生まれてみんな死んでいくし、そうでなくても毎日違うんだよ」というような(転生とは関係ない)輪廻のお話です。

でね、わたしね、ボカロやる前にね、この曲にやられちゃったんですよ。
元々仏教好きなのでなおさら。で、ボカロで「輪廻」っていう曲も(かなり真似してるけど)書きました(笑)

しかーし、わたしの本気は(わたしのパクった)「輪廻」ではなく、別の曲で爆発しました。
ではここで聴いてください。

「時の行進」(2019年10月発表)

「ふたつの歌メロをぶつからないように、同時に歌ってる曲」として書き始めたんですけど、歌詞がどんどん「愛別離苦」に偏っていって、そんな感じに自然となっちゃいました。

「愛別離苦」だと思って聴いて頂くとそんな感じになります。
わたし結構、自分で書いたこの曲で泣く事があります(笑)

つまり何が言いたいかっていうと、

カッコイイだろ~?(笑)

やー、2日でここまで来たよ

「サイトを作ってみる」って言いだして、サイトも作ったし、こうして新しいブログも作っちゃったりで、やり過ぎ感はあるけど、ま、充実してたからいいや~。

明日から曲作ろー。