すみません。ちょっと待ってください。

READY TO METAL?

Space, the final frontier. These are the voyages of the star ship ... Troublesome...

拳をあげるところは

いろいろ曲作ってると、やっぱりライブ映えを考えないといけない「場合」があると思うんですよね。最近のわたしの曲で言うと「Domine , Domine」と一緒に叫べそうなところを作ったり「Carry on !」ってキメ作ったり(急逝したアンドレ・マトスを意識したっていうのもあります)いろいろやってみてます。

これってなんていうんでしょうね。「みんなで歌える」っていうのはなかなかプリミティブな感じがありまして、賛美歌、国歌、軍歌結束を求めるものに使われますね。
場合によってはカルト宗教なんかでも洗脳に使われますね。

で、結束をそもそも大勢が求めてないものに関して、そういう合唱前提フレーズを入れるとしらけちゃって大変な事になります。
というわけで例を出しちゃいます。本川先生ほんとすみません。

結束を求めてない場では「えーっ」ってなる例です。

や、内容は覚えられるし、巧いつくりをしてるんですけど歌う側に立ってみろっていうね・・・。

まあとにかく、こういう技術を使うのはケースを選ばなければならないのです。あと、円柱形なんですよ!!

エンチュウケイ!!
(なんだこの〆は。)

拳をあげるところは” への2件のフィードバック

  1. あ、ナマコまできいて頂けたんですねw
    ナマコから21世紀の人の生き方まで思考が及ぶ本川先生は凄いです。

    そしていつか「いきものは円柱形」をCoverしたくもあります!

コメントを残す

CAPTCHA