会社に追い詰められてて更新を怠っていました。フラフラで言いたい事がなくなっちゃったりとかして怠らなくても更新できなかっただろうけどね。今日はそういう状況のエアポケットな日。

よし、じゃぁ言いまくる。

 このところ“ベーシックインカム”という概念の存在感が増してきているように思う。
いや、それは僕の視野の中だけなのかもしれないんだけど、いろんなところでベーシックインカムと言う言葉の露出が増えているような気がするんだよね。
まぁ、「先進国の中ではセーフティネットってやつが絶望的なまでに機能していない」と言われる日本においては当然の事かもしれない。

そもそも、企業を中心として社会が構成されているのだから、社会そのものが景気の動きに左右されるのは“そりゃそうだ”ってな感じなものだよね。
 企業は常に【効率化】を求めていて、それは不況時のダウンサイジングと不可分だよね。
で、好景気になって企業が猫の手も借りたい状況になた時に、スムーズな形で人的資源を供給出来るようにするべく【福祉国家】ってのはあったわけだけれど、どういうわけか日本においては昔から「終身雇用」と言う形で、余剰人員やら、仕事できない人やらを企業の中でプールしておくという形をとっていたので、政府は「余剰のプール」をしておく必要があんまりなかったわけだ。
 でも、経営が「株主優先」になってくると、「なんだおめー、余剰人員が多いから株主配当少なくなるじゃねぇか。余分なのリストラしやがれ」という圧力がかかって、リストラに踏み切らざるを得なくなる。
アメリカ風の資本主義を選び取っているんだからそりゃ当然だよね。

 んでもって企業が【効率化】を求めるって事は、それまで3人でやっていた仕事を2人でやる事が出来るようになったりするわけだ。

余るよね?人。
というわけで、雇用の不安定化は必然的だよね。
で、そうなると物が売れなくなるよね。失業者はあんまりお金使えないんだから買い物行かないよね。
そんなこんなで製造業は在庫が増えていってまたリストラしなきゃいけなかったりして悪循環に落ち込んでいくわけだ。わー、おっかない。

で、生活レベルと言うか収入と言うか、その辺はみんな落としたくないわけだから、人件費は高いままって事になるよね。
そりゃそうだよね、これまで散々「一億層中流」とか言っちゃったりして、その一億の中に入っていないと恥ずかしい感じがしちゃうように煽ってきたし、しかもしかも、その労働の大変さと収入は必ずしも比例しないし、「あの仕事はキツイ上にかっこ悪いし給料も安い」と思われるところにはみんなできれば近づきたくないよね。
希望される職業と必要とされる職業にも偏りが出るわけだ。
(PCの前に座ったままで高給取りの偉そうなやつと、薄給で一年中多くの便所や下水を掃除して回るおじさんや、薄給で大変な介護ヘルパーさんと、どっちが偉いと思う?で、どっちが多くの収入を得るべきだと思う?)

これじゃ、必要なところに人的資源はいかないし、失業者は増えるばかりで需要は喚起されず、資本は外国に逃げていくよね。
わー、大変。ジリ貧だ。

こんな状況だからこそ、ベーシックインカムが注目されるんだろうね。
実行しちゃったら、今大問題とされているものなんか大抵解決されるものね(今持ち上がっている大問題は、十中八九既存の資本主義の欠点から来ているとも言えるね)。

財源?
そんなものは幾らでもナントカなる問題で、現在持ち上がっている諸問題に比べれば優先順位は低いだろう。
何せ、これまでの福祉はほとんど全切りだし、そもそも(企業に対してではなく個人に)ばら撒いてるから、調整する役人なんかも全切りだしね。
しかも基礎所得としてある程度保障されているから、薄給の仕事にもつきやすいわけだ。
海外に逃げていく資本なんかも、満面の笑みで帰ってくるよ。
で、法人税ごっそり。GDPがドーンって。

ん?怠け者が増えるんじゃないかって?
お前、人類ナメてんだろ。
「薄給で飛び込めなかったけれど、やりたかった仕事」にも就けるし、経営者は従業員を解雇しても人殺しにならずに済むわけだよ。
そもそもこれまでの【効率化】で人余ってるし、それ以上に問題なのは「労働者としての人間」よりも「消費者としての人間」のほうが重要性は増しているって言うことなワケよ。
需要がどーんってなったら嫌でも人間は必要になるでしょ。供給出来ればできるほど儲かるんだから。
で、現代の人間は一人で生きる事は出来るけど、一人で生きる事は出来ないんだよな。
必ず、有償であれ無償であれなにがしかの労働に就くことになる。それは確実にいえることだ。
しかも、お金、欲しいだろ?(笑)

■■

 ベーシックインカムって言うのは、ユートピア的な話ではなくて、寧ろ企業体にとって有利なものであって、僕みたいなのが支持するよりも、経営者が率先して支持しなきゃいけないものな筈だよね。
なにせ、人的資源のプールが社会によってなされ、人件費は抑えられ、仮に法人税が値上げされる事になっても需要は常に喚起され、現在企業が負担している社会保険もなくなるわけだし、市場でターゲットにされる世代は(BIによって少子化もかなり解消されるだろう)確実に更新されていくわけだよ。
逆にこれをやらない理由が知りたいくらいだ。

ってか、後二十年のうちにベーシックインカムに関するなんらかのでっかいアクションがありそうだよね。僕はそれをとても期待している次第。
この数日いろんなところで「ベーシックインカム」という文字を見かけてちょっとウキウキ。

■■■

 今日はなげぇぞー。

■■■■

よく「克己心」とかいうじゃん?
改めて考えるとなんかアレだよね。

「己」が生まれながらに与えられたもので周りに影響されないものであれば、「克」ったとしても何って話だし、「ここに在るからこういう『己』である」っていう構造主義っぽい「己」だとしたら、克己しちゃったら「浮く」よね?
「なにあの空気読めない人」とか言われちゃうよね?
どうなのよ、全国の偉そうな人。

■■■■■

 よく「人材ではなく人財として扱いたい」とかアツくいう偉そうな人がいるけど、どっちにしてもモノ扱いじゃね?
お前、人類ナメんな。
「世界をモノの総体として捉えた罪」でウィトゲンシュタインに「雪崩式ウィトゲンシュタイナー」を掛けられて頚椎痛めてしまえ。

■■■■■■

 今日はもっといっぱい書きたいけど疲れた。