以前、ためしに作ってみたTwitterのアカウントは「なにがどう面白いのかイマイチわかんないなぁ」という感想とともに一度消去したのだけれど、或る友人の勧めもあり、また「解るまでやってみないで捨てるのもどうか」とも思ったので、新しいアカウントを作って辛抱強くやってみている。

そこで友人のイタバシミノル氏の “つぶやき” から、東京都の「青少年健全育成条例改正案」の問題点について、今更なんだけれども知るに至った。漫画やアニメにはあまり頓着しないほうなので知りませんでした。不勉強ですみません。

んで、その改正案について、イタバシ氏がtwitter上で出したリンクを辿ったり、知らんものは調べたりして思うのだけど、

いっそ「青少年健全育成条例改正案」の問題点を放置して通してみたらどうだろう

この改正案で一番問題視されているのはどうやら漫画などに登場する18歳未満の子どもを「非実在青少年」と定義して、この「非実在青少年」の性行為を描いた作品は青少年に販売しないよう業界に自主規制を求め、更に性暴力など著しく反社会的な内容のものは不健全図書に指定し、青少年への販売・閲覧を禁ずるのだそうだ。
これが恣意的に運用され、拡大解釈された時に大変な事になるだろうと言うことで多くの漫画家(よく知られた藤子不二雄A、さいとう・たかを、ちばてつや、永井豪、萩尾望都、西岸良平とか大御所たちも。)や愛好家たちが署名等の反対運動を行っている。
その他、web上のコンテンツについても規制をしようとしているわけで、当然IT系の反対者も多数いる。

 反対運動をしている皆さんの気持ちはとてもよく判る。
 と、いうのもこの動きは、性暴力や反社会的な表現によっていろどられた漫画やアニメ、web上のコンテンツなどが、実際に犯罪を誘発するという明確な因果関係など証明されていないにも拘らず、「それらを規制すれば青少年を健全に育成する事が出来る」という、どこか宗教的な思い込みによって強権的に規制するという、謂わば蛮行であるわけだから、理性的な判断によって運用がなされるとは、よほど人間離れした楽天家でなければ、ちょっと期待できないだろう。
その上、なんにせよ優れたコンテンツというのは、有象無象の広い裾野の上に産まれるものであるわけだから、裾野を死に至らしめたら日本発のコンテンツは大量死するんじゃないか、という危惧もとても良く判る。

しかしだ。
僕が思うにこういうのは「よりよい社会の為の制度設計」という話ではなく、宗教弾圧の話に属すると思うのだ。
「自分の気に入らないものは全て悪いもの」であり「悪いものは知らなくても良いもの」であり「知らないものは気に入らないもの」であるから強権的に規制しようという東京都青少年問題協議会の面々は、つまりスペイン宗教裁判官だ。
スペイン宗教裁判が行った蛮行を褒める人間というのは現代ではあまりいないだろう。もし、公然と過去の蛮行を賛美する者が現れたら、総スカンを食らうだろう。吊るされるかも判らない。
同じように、今「禁酒法を施行せよ!」と叫ぶ政治家が現れたら袋叩きに合うだろう。

こういう宗教弾圧の類は、どこかの時点で実行させておかないと、いつまでもいつまでも同じ動きを繰り返し続ける(革命も同じメカニズムをもっている。ソ連や中国等の共産革命とその失敗が起こっていなかったら共産主義思想は未だにくすぶり続けていただろう。「革命」とは “実行されずに一旦棄却されたもの” が復権する動きの事だ)だろう。

だからこの改正案通しちゃえ。
で、規制する主体をどんどんノセて、拡大解釈させてガンガン規制させてしまえ。

んで、酷い事になってから吊るせば良いんじゃないのかな。禁酒法と同じパターンを踏ませよう。僕は楽天的過ぎるだろうか。それとも漫画が廃れてもあんまり困らないからこんな事を言うのかな。

 こんな事と同時に僕が思うのは「『健全に育成された青少年』ってなんだろう」って言う事。そんな人見たこと無い。僕の周りにいた “良くお勉強が出来てた子” なんか大体普段からとんでもない事を口走っていたし、それは30代になっても変わっていなかったりする。時代と場所が違ってたら、秘密警察に拉致されてラーゲリにぶち込まれていそうな感じ。
 逆に俗に言うヤンキーだった人々も、街でばったり会ったりするととても良いお父さんになっていたりする。若い頃はものすごい悪行を重ねていたのに「そうなるやつはそうなる」。つまり青少年時にどうあれ健全な結果になったのだ。
 一見、「父親が隠し持っていた裏ビデオを大量にダビングして同級生に2000円くらいで売りつけて荒稼ぎ」するような、もしくは「一方的な暴力で何人も病院送りにして保護観察されても全然懲りない」ような「不健全な青少年」でも問題なく育って30代のまともなおっさんになっている。無論、彼らは変な条例に守られていたわけではない。WEBだって既にあった。
逆に僕みたいな「青少年だった頃に盗みや暴力など犯罪行為を一切やった事ない」人間であってもかなり捻くれているし、自分でも「立派な大人」を自称するような自信はない。

じゃぁなんだ。
僕がざっと思うにこの「健全に育成された青少年」という存在自体がバーチャルな存在であり、東京都青少年問題協議会の面々やそれを支持する人々の脳内にしか存在しない「脳内青少年」なのだろう。「脳内彼女」と同じ。エロ本に掲載される性的な写真と同じ(それは麗しいモデルさんの人格からは離れているものだ)。性的なビデオに登場する女性の “表層のみ” に発情するのと同じ。それは実在の青少年の人格ではなく「消費される事が前提の “物” 」をみている態度だ。
 良い面悪い面をひっくるめて人格を認め全部受け容れようって相手、つまり大切なパートナーに対してはそんな態度は取れないだろう。つまり彼らは「青少年」を大切な相手としては見ておらず表層のみ見て欲望しているのだ。

(社)東京都小学校PTA協議会会長である新谷珠恵氏の言葉を引用しよう。

何で実在しない児童だと許されるのか全く理解出来ない。

そりゃそうだ。理想を追い求めるあまりに創りあげざるを得なかった「脳内彼女」を汚されて荒れ狂う人と同じように、「脳内青少年」を汚されたくないのだろう。
これを公共の福祉の名の下に自らの欲望を隠蔽しながら語るというその猥褻さは、「『脳内彼女』を汚されて荒れ狂う人」なんかよりもずっと不健全だ。
同性愛者を弾圧するホモフォビアと同じ思考経路だろうと思う。とてもおぞましい。
ついでだから煽るような事をもっと言ってしまおう。
彼らは「青少年」を猥褻な玩具にしてしまっているのだ。
これ以上のおぞましさは、ちょっと僕には想像がつかない。

■■

東京都青少年の健全な育成に関する条例

第七条 図書類の発行、販売又は貸付けを業とする者並びに映画等を主催する者及び興行場(興行場法(昭和二十三年法律第百三十七号)第一条の興行場をいう。以下同じ。)を経営する者は、図書類又は映画等の内容が、青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあると認めるときは、相互に協力し、緊密な連絡の下に、当該図書類又は映画等を青少年に販売し、頒布し、若しくは貸し付け、又は観覧させないように努めなければならない。

日本国の実情を表す白書や、省庁内の審議会等で使われる各種資料(特に経済系)に目を通すと絶望的な気分になる。僕なんかは守るものがあるからあれだけど、人によっては「自殺若しくは犯罪を誘発し」に触れちゃうんじゃないのか?有害図書に指定したほうがいいんじゃないのかね。

■■■

 まぁ、なんだ。
やらせてみればいいよ。きっとろくな事にならないし、上のほうで書いたように「一回やらせて大失敗させたほうが長々と燻らせずに、否定する材料に出来る」だろうから。