この数年間「曲を作る」っていうとIRON THMBのアルバムに「寄稿」って言う感じだったので、MIDI打つにも(存在が既に伝説と化している感のある)SC-88Proで音を出しながらのものだった。
 幸いにもIRON THMBの皆さんが優秀なのでMIDIで曲を起こしてテキトーにMP3にして「各パートはこんな感じで、歌詞がこんなで、ギターソロはカッコよくやっといてー。」と大体のところを提示するだけで済んでたって事もあって、それほど不便を感じていなかった。古道具を使い続けるおじいちゃんみたいだね。

しかしながら、うつ病からの回復もあり「よぅし、久々に曲かいちゃおうかなー」とテンションが上がってきていざ書いてみると、音がショボ過ぎることに気がついて、とてもじゃないが「内輪での提示」以外に使える代物じゃないと思った。

「よぅし、じゃぁ最近の若者が使ってるVSTを導入しちゃおうかなー」ってなわけで、フリーのものをガシガシインストールしてみたものの。
発音がデータのテンポに全く追いつかない。問題外。
とりあえずタバコに火をつけてみて考える(4月の値上げをもって僕の喫煙歴は終了する事に決定している)。

そして「まだ何も解決策が思いつかないフリ」をしてもう一本火をつける(名残を惜しむのです)。

「オーディオカード入れてないじゃん。」って事に気がつく。
そりゃVSTi使うのにオンボードじゃ発音遅れるよな。デカイもんな。なんだ僕。タバコ吸いたかったからとはいえすぐに思い至らないなんてどうかしてる。
ASIO 2.0に対応しているものをググってみる。割と高いのな。
マザボとの相性とか考えるとうわー、頭の痛い問題が増えた・・・。

chara03

懐具合は↑の人みたいな感じなんだよね・・・。
ううむ。

 「言い間違い」とともに「聞き間違い」についてもフロイトのおっさんが何か言っていたような気がする。原典当たった事ないけど。

さっきお嫁が急にダイエットを決意(そんな必要なさそうなのに)したらしくなにやら宣言。

ダイエットを頑張れば何か良い事があるとポジティブシンキングをすれば、ポジティブシンキングをすれば・・・

と、日頃 “ポジティブシンキング”などという言葉を使わないからか、決意が揺らいでいるのか、だんだん声が小さく弱弱しくなっていく。

だからなのか無意識が強く訴えたのか「ポジティブシンキング」を「秩父信金」と聞き間違える夫。
なんだ秩父信金って。そんな信金無ぇ。

■■

↓猫にしては驚異的にお上手。絶対わかってやってると思う。

 動画とは関係ない話なんだけど。
近所を縄張りにしていた猫である「猫沢さん(勝手に名前付けて呼んでた)」が最近姿を見せない。猫沢さんは人間たちのツボを良く心得ていて「かまうかエサをくれるかしろ」と言う掛け声のタイミングやら発声法やら構われ方やら、それはそれは良い仕事をしていた。
 姿を消す以前から土日祝はいつもの職場にいなかったところを見ると誰か特定のパトロンがいたに違いない。そのパトロンと同居し始めたのかなと思うのだが、少々寂しい。同じ町内では唯一気楽に「ただいまー」と言えるご近所さんだったのになぁ(僕がそう声を掛ける場面を見た他人はさぞ気持ち悪かっただろう)。
いや、もっと正直に言うと「意識してた女性が結婚しちゃった」ような気分。