「2001年宇宙の旅」をクラークが書いたものと、キューブリックが描いたものを1日のタイムラグ(ほぼ同時と言っていいと思う)で味わってみた。
随分違うなぁと思った。
クラークは淡々と書く事が多い人なので淡々と読めるけども、キューブリックは色使いが怖い。そりゃそうか。シャイニングとかえらく怖かったもんな。オコンバンワー!!
クラークとキューブリック双方の「2001年」は印象が随分違うものになっているけれども、やっぱりキューブリックが撮って良かったと強く実感した。

万が一僕が撮ったりしたらすげぇ(脱力した)ポップ感が出てしまうだろうと思う。

HAL9000とか下のような感じになったんじゃなかろうか。

hal9000_2

やっぱりキューブリックが撮って良かった。

 沖縄の皆さんには酷な言い方だと思うけど、沖縄は立地が良すぎると思う。
アメリカは軍事的にその立地の良さを見ているし、日本政府はこっそりその経済的なメリットを見ているだろう(香港~台湾~韓国~日本本土の位置関係的に。ここに所謂ハブ空港つくったらすごい事になりそう。ハブだけに。)。
だからここは外交問題じゃなくて国内の問題として根本的に考える必要があるだろう。
それなしには前に進まんぞ。

■■

 そういやささっと聞き流してた話だけど、韓国のロケット打ち上げ失敗したらしいね。種子島よりも赤道から遠いからそのぶん不利だよね。しかも実績(失敗の歴史と言い換えてもいい)すくないしな。日本と同じで打ち上げに失敗するとマスコミがギャーギャー騒ぐだろうけれど、ドンマイ。
あんま関係ないけど、日本の宇宙開発は文科省に残したほうがいいと思うな。
各大学で政治にあまり関係なくやりたい放題してくれるほうが(予算少ないし)発展には寄与するんじゃないか。

■■■

 あー、体調悪。