我が家のテレビはケーブルに依存しているので、これまで「地デジ」には何の関心もなかったのだけれども、ふとした事で「地デジ」をwikiで調べてみた。

すると、・・・わぁ、不合理。

「双方向」と言う割には、本当に「双方向」にするためには電話回線に繋がなければいけないんだね。
その上、「現在地デジに対応している世帯が所有するアンテナ」は東京タワーに向いており、「東京スカイツリー」が完成した暁にはアンテナをそっちに向けなおさなければいけないらしい。
二度手間じゃん。

ってかさ、そもそも何故「電波」で発信しなければいけないのだろう。そこが不思議だ。

 数年前からNTTが、古いメタルケーブル網を光ケーブルに置き換えようと必死になってる。各世帯に下請けの営業の人がやってきてしきりに「光ケーブルにしませんか」と勧めてくるのは、「光ケーブルに置き換えている間にも収益を得たほうがイイ」という思惑が入っているのだろう。
んなら、「デジタル放送」もケーブルを使ってやればよかったじゃん。NTTとつるんで。
そうすれば、「テレビ電波」分が大気中からなくなるから使用可能な帯域がもっと増えたんじゃないか? 災害時にはテレビよりもむしろラジオだろうし、「災害時に使用するラジオ電波」とかも新設できたんじゃなかろうか。
NTTが「より独占的」になってしまう以外、不都合はないように思える(ってのは言い換えればそこ工夫すれば済む)んだけどどうだ。

しかも、全てのチャンネルが光ケーブルで配信されるのであれば、地方局でしかやっていない妙な番組とかも観ることが可能になるだろう。

【下は妙な番組の例。「いいでば!英語塾」】


どうしてやらないんだろう。
テレビ離れなんかすでに進行中なのだからこういう妙でニッチなのをどんどん全国で観られるようにすれば良いだろうに・・・、競争が怖いのかしら。
 僕からすると、多くの人々は「ニッチなものを打ち出して強力な支持を得る」事や、「複数のニッチコンテンツを繋ぎ合わせて大きなものに仕立て上げる」という行為を避けているように見える。それがビジネス的に「避けざるを得ない」のか、無意識的に棄却したがっているのか判らないのだけれど、どうも納得できないでいる。
誰か「ビジネス的に」語れる人がいたら教えて欲しいなと思う今日この頃だ。