• Category Archives: 読書

私小説を三人称にするとかなりぶち壊し。

 ふと、「私小説ととして書かれたものを、無理矢理三人称に『翻訳』してみたらどうだろう」と脈絡なく思いついた。 ちょっとやってみる。 今回は判りやすいところで太宰治「人間失格」第一の手記のでだしを「翻訳」してみる。 第一の… Read More

アレクセイ・シルヴェノイエン 「カーテンコール / 或る独裁者の告白」

 「私は聴衆に選ばれたのです。聴衆は皆、私が愚かしく、野蛮な妄信と共に破滅していく様を観たがっていたのでした。私は彼らの望むように振る舞い、そして私もまた、彼らが破滅を目の当たりにするのを望み、彼らはそれに応えるように振… Read More